今日は見た目よりも意外と難易度の高い【フロントレバー】をご紹介します。

スポンサーリンク

フロントレバーってどんな技?

鉄棒を使った外人さんのworkout動画にもよくでてくるこういうやつです。

鉄棒にブラ下がって脚を綺麗に真っすぐ伸ばし体を水平に保つ技です。

フロントレバーの難易度

先程の動画の外人さんのように、きれいなフロントレバーを習得するのはかなりむずかしいと思います。

マッスルアップよりもフロントレバーのほうが難易度は高いと思います。

マッスルアップはある程度筋力があって、体が軽ければできてしまいます。

クライミング現役時代のときも、マッスルアップは出来るけど、フロントレバーができないという人がいましたので参考までに。

フロントレバーに必要な筋肉(筋力)

フロントレバーは主に背筋と体幹を使う技です。

習得には背筋を鍛えることが近道だと言えます。

ですので、体幹はフロントレバーの動作で、筋力は懸垂などの自重トレーニングで鍛えます。

あとは脚を上げる動作がありますので、腹筋もある程度必要です。

レッグレイズと呼ばれる鉄棒を使った腹筋の筋トレ方法も有効でしょう。

ボルダリング(クライミング)とフロントレバー

ボルダリングをやっていると自然とフロントレバーが出来るようになる人がいます。

じつは私もフロントレバーの練習をしたわけではないのですが、自然とできるようになっていました。

ボルダリングでは様々な角度の壁を登ります。

中にはこういったルーフと呼ばれる完全に覆いかぶさった壁も登ります。
「bouldering roof」の画像検索結果
私はこの角度が一番好きで良く登っていました。

一番体に重さがかかってくる角度です。

このルーフを頻繁に登ることによって自然とフロントレバーに必要な筋力がついたと言えます。

フロントレバー習得にはボルダリングもおすすめですよ。

スポンサーリンク
おすすめの記事