本日は背中と腹筋に効くフロントレバーの練習方法とコツについて書きます。

初心者向けに基本からおさらいしてみましょう。

スポンサーリンク

背中と腹筋に効くフロントレバーの練習方法

フロントレバーについては以前書きましたのでそちらを。

できたらかっこいいフロントレバーの難易度と必要な筋肉(筋力)

フロントレバー結構難しいですよね。

今日これから書く項目を実践してもらえば習得のちからになれると思います。

タックフロントレバーで体幹を鍛える

初心者がいきなり足を伸ばした状態のフロントレバーをやろうとしても基本的な体幹もないので負荷が高すぎます。

足を水平に保とうとして足を上げたとしてもすぐに足がさがってしまいこれでは背筋を鍛える練習にもなりません。

ですので最初はこのような

足を曲げた状態の【タックフロントレバー】の習得を目標に練習しましょう。

ただ初心者の方がいきなりこのタックフロントレバーをするのも大変です。

まずはフロントレバーの基礎を学びましょう。

フロントレバーの態勢の作り方

バーは肩幅より広く握ります。

肩を上げる

体を反り脇を締める

最後に膝を上げていきます。

順番はこんな感じです。

こうすることによりしっかりと背中を反ったきれいなフロントレバーの練習になります。

足を先に上げようとすると、背中が丸まってしまうので注意しましょう。

ですので最初は足をあげる練習よりも肩を上げ脇を閉めて上半身を反る動作のトレーニングをします。

足を上げる練習をしよう

上記の動作を覚えたら、次はいよいよ足を上げてみましょう。

ここでは足を上げ下げする練習です。

まずは先程の練習と同じ様に肩を入れ脇をしめたら。そこから足をあげていきます。

背中が丸まらないように注意しましょう。

足を上げたら下げる、これを繰り返しトレーニングしてください。

練習の詳しい動画はこちら

フロントレバーは負荷が高いので同時に懸垂で背筋を鍛えるとより良いと思います。

効果抜群!広背筋に効かせる懸垂の正しいフォームとコツを伝授

フロントレバーの習得にまずはタックフロントレバーを完璧にして体幹を鍛えましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事