本日はフロントレバーの練習方法を段階的にわかりやすく説明したいと思います。

スポンサーリンク

フロントレバーに必要な筋肉の鍛え方

フロントレバーの練習法は人それぞれ様々だと思います。

ただやはり段階をふんで練習をした方が習得の近道になるでしょう。

いきなりフロントレバーの体制をとろうとしても絶対に無理ですし、負担がかかってけがをしてしまうかもしれません。

全くの初心者が練習を始めると仮定して書いていきます。

STEP1.無反動の逆上がり

まずは無反動で逆上がりができるようになりましょう。

通常の逆上がりは、勢いをつけて行います。

そうではなくて、鉄棒にぶら下がった状態から、腕、腹筋の力で体を引き上げ逆上がりをします。

まずはこれをマスターしましょう。

STEP2.タックフロントレバー

つづいてはこちらの「タックフロントレバー」

タックフロントレバー

ひざを抱え込んで体は地面と水平にします。

一見簡単そうに見えますが、日頃、筋トレや運動をしていない人からすれば、この時点でかなりの難易度です。

チャレンジしてみたい方や、ちょっと人より筋肉に自信のある方はこのタックフロントレバーに挑戦してみましょう。

ボルダリングをしている人なら別ですが、いきなりできる人はなかなかいないと思います。

意外と水平にしているつもりでも、横から見ると体が落ちてる場合もあるので、誰かに確認してもらうのもいいでしょう。

STEP3.片足だけ伸ばすフロントレバー

続いてはこちら!

先ほどのタックフロントレバーから片足だけ伸ばしてみましょう。

片足フロントレバー

これはタックフロントレバーができればそれほど難しくありません。

足をのばすことによって絶妙にバランスがとれるの、フロントレバーの水平を保つ練習にもなります。

STEP3.ひざを曲げるフロントレバー

これができればフロントレバーまであと一歩!

フロントレバー

ワンレッグまで習得したら、挑戦してみましょう。

タックフロントレバーからひざの位置を下げただけなのに、かなりきついはずです。

タックフロントレバーではひざを抱え込む分、重心が上にあり、腹筋にも力が入れやすく水平を維持しすい。

足の位置が体より下がる分、重心が下になり、かなりの体幹が必要になります。

いきなりは無理なので、ワンレッグフロントレバーとタックフロントレバーの持続時間をできるだけ伸ばしましょう。

懸垂で背筋を鍛えるのもいいでしょう。

フロントレバー完成

先ほどのひざを曲げるフロントレバーができれば、あとはもう完成したようなものです。

足を延ばしたフロントレバーの練習に移行しましょう。

フロントレバーなら日頃運動や筋トレをしている人ならば、数か月も練習すれば取得できます。

逆に運動を全くしていない人からすればかなりの難易度です。

でもできた時の達成感はなかなか普段の生活では味わえないものなので、ぜひ挑戦してみてください。

スポンサーリンク
おすすめの記事