自宅でできる筋トレ方法やモチベアップに繋がる動画を投稿していきます!

アブローラー(腹筋ローラー)の正しい使い方とフォーム

アブローラー(腹筋ローラー)の正しい使い方とフォーム
最終更新日:2018.12.19

先日、夜中にドンキホーテに行った時に腹筋ローラーが置いてあったので、周りに誰もいないことを確認して、久々にいわゆる【立ちコロ】やってみたら、みごとお腹からぺしゃってしまったマサキチです。

その数時間後からなんか動くたびに腹筋が痛くてなんかしたっけなあーって思ってたら嫁がドンキでやったコロコロのせいじゃない?と言われ

あ!これ筋肉痛か!とたった1回のぺしゃって失敗した立ちコロのせいでで筋肉痛になってしまいました(笑)

クライミングを辞めてはや3年。現役の頃は立ちコロ普通にできてたのに(泣)やっぱり何もしないとどんどん筋力はおちていきますね

というわけで腹筋ローラー注文して現在絶賛コロコロ中です。

腹筋ローラーなんですが、以前の僕の場合、背中が痛くなるし筋肉痛にもならないしで、効果については半信半疑でした。

ただこれは今思うと立ちコロがすでにできていたので筋肉が出来上がっていたのと、フォームも素人だったからかもしれません。

実際にドンキで久しぶりに立ちコロした時は筋肉痛がすぐきましたからね!(でもこれ今思うと、筋肉痛というより、筋肉を痛めたといったほうが近いかも知れません(笑)

どっちにしろちゃんと腹筋に負荷がかかった証拠ですよね?

正しいコロコロの使い方を学びましょう

例によって加藤さんです(笑)


コレがコロコロを始めるスタートポジションの位置です。

スタートのポジションはコロコロが前にぎりぎり転がっていかないように腹筋に負荷がかかっている状態から始めます。

なるほど!コロコロを始めるスタートポジションは考えたことありませんでした。

確かにコロコロを体の方に戻しすぎてしまうと、負荷が逃げてしまいますからね。

僕の場合すでにこの時点でやりかたが間違ってました(笑)

やっぱり筋トレはフォームと聞かせたい筋肉を常に意識することが大事ですね。

筋トレカテゴリの最新記事