自宅でできる筋トレ方法やモチベアップに繋がる動画を投稿していきます!

自重トレーニング派?ジムトレーニング派?

自重トレーニング派?ジムトレーニング派?
最終更新日:2019.01.06

今日はちょっとおもしろい動画があったのでご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

自重トレーニングって筋肉つくの?

動画のタイトルは「自重トレーニングで筋肉なんかつく訳ない」という挑発的タイトルですが・・・

ちなみに自重トレーニングは懸垂などの自分の体を重りとして使うトレーニング。

ウエイトトレーニングはジムで重りを使って行う筋トレのことですね。

えー!筋肉つかないの?と思われた方・・・大丈夫です。自重でも筋肉は付きます。

動画内でも自重トレーニングでも筋肉はちゃんと付きますと明言されています。

自重で筋肉がつかないならこのサイトも全くすべてウソになってしまいます(笑)

わたしもボルダリングを通じて、無理なく筋肉がいい具合につきました。

大幹についてもかなり鍛えられました。

ジム仲間に細マッチョな元体操選手がいましたが、彼もウエイトトレーニングなしで、その体を作り上げた、といいますか自然についたと話していました。

これらの事実が、自重トレーニングでも体は鍛えられる証拠でしょう。

目的によってジムと自重トレを使い分けよう

gym

なんでも自重トレとジムトレで派閥があるそうです。

ジムトレの人からすれば、自重トレじゃ筋肉なんてつかないよ、という人もいるみたい。

動画のコメント内でもさっそく自重トレとジムトレの人たちで意見交換がなされていますが・・・

そもそも、筋トレする理由、目標は人それぞれですので、どちらが良い悪いを議論すること自体が間違っているのではないでしょうか?

あなたが筋トレをする理由

一応このサイトでは自重トレーニングのことをかいているので、自重トレでは筋肉がつかないと言われるのは、少し間違いですね。

自重トレよりもジムトレの方が筋肉が効率的につくと言うならばそれは正しいと思います。

ただ先程も言ったようにトレーニングする目的は人それぞれです。

ボディービルダーのような筋肥大が目的なら、ジムに通うのが一番効率的でしょう。

例えば、ボルダリングに使える体を作りたいなら、ジムに行くのは逆効果です。

筋肉がつくと当然体が重くなってしまいますので登るには邪魔になってしまいます。

ダンスなどにも同じようなことが言えると思います。

ジムに行けない、行かない理由

筋肉をつけるだけなら、ジムが一番良いでしょう。

ただ、中にはジムに行きたいけど、何かしらの理由があって行けないと言う人もいると思います。

お金や時間がない、近くにジムがない、マッチョの集団にいきなり行くのがちょっと怖いとか、コミュ障だとか、潔癖症(これは僕ですね)だからとか

自重トレーニングのメリット、デメリット

自重トレーニングの一番の魅力はやはり自分の体一つでトレーニングできるところですよね。

腕立て伏せもそうですし、懸垂も掴むところがあればできます。

わざわざジムに行く必要もありません。

ジムに行かなくてもある程度は肉体改造できます。

ただ独学でやるのなら、基本をしっかり押さえた方がいいでしょう。

フォームが間違っていると、効率の悪い筋トレになってしまうので注意しましょう。

また成長期の子供なら高重量を扱うウエイトトレーニングよりも、体への負担が少ない自重トレーニングにするべきでしょう。

成長期の筋トレのメリット、デメリット

かっこいいストリートワークアウト

自重トレーニングと言えばストリートワークアウトも有名ですよね。

ムキムキの外人が公園の鉄棒なんかを使って軽々すごいことをやってるあれです。

こちらは自重トレーニング界で有名なフランク・メドラノさんです。

この彫刻のような筋肉も自重トレーニングによって維持されています。

どうですか?この無駄のない筋肉、かっこいいですよね。

日本でも近年ストリートワークアウトの大会が開かれたりと自重トレーニングでトレーニングする人たちが注目されるようになってきました。

そのうち若い人の中から有名な人も出てくるのではないでしょうか?

マッスルアップやプランシェなど技の習得にやりがいがある

自重トレーニングをやりこんでいくと、マッスルアップやプランシェ、片手懸垂などの技にも挑戦したくなると思います。

マッスルアップの難易度は?成功させるために必要な筋力と練習方法

これらの技の習得のために練習をすれば自然とさらに筋肉がつきます。

見た目にも派手ですし、上達していく楽しさも味わえます。

そしてできた時の達成感はまた格別です。

というわけで、自重トレでもかっこいい体は作れます。

そしてほどよく細マッチョが一番モテますしね(笑)

これからも自重トレーニングの話をばんばん書きますのでよろしくお願いします。

筋トレカテゴリの最新記事