今日はプランシェについて書きます。

プランシェですがまずいきなりやってできるものではありません。

もちろんわたしもはっきりいってできません!こんな技があること自体数ヶ月前まで知りませんでした(笑)

プランシェは段階を踏んでいかないと習得できない技です。

そしてその練習さえも難しいです。

ですので今日はプランシェをやったことないけど、習得したいと思っている超初心者に向けて書きます。

とってもわかりやすい動画を使ってまずは練習方法を覚えましょう。

わたしも非常にためになりました。

スポンサーリンク

プランシェ初心者に向けた練習方法

最初にも言いましたが、初心者の方は段階を踏んで練習していかないと絶対にプランシェを習得できません。

といいますかその練習すらも難しいでしょう。

試しにプランシェの練習段階でタックプランシェという技があります。

こんなやつです。一度やってみてください。初心者の方はまずできないと思います。

プランシェ初心者の実際の練習方法

プランシェは強靭な肩の筋肉が必要になる技です。段階を踏んで練習を行い肩の筋肉を鍛えていきます。

では実際のプランシェの練習方法を見ていきましょう!

非常にわかりやすいですよね!

プランシェはまず背中を丸めて行います。

この状態が基本です。

プランシェ超初心者の方は、まずはこの形を作る動作を覚えます。

背中を落として肩甲骨を寄せた状態から、背中を丸める動作を行います。

これを繰り返し力の入れ具合を覚えましょう。

その顎を引くと背中を丸めやすいです。

そして背中を丸めた状態から、腕を伸ばしたまま、体を前に重心を前に持っていきます。

ぎりぎりまで体を倒していき、体を戻します。

初心者の方はこの動作だけでもかなりきついと思います。

まずこの2つの動作を繰り返し練習して肩の筋肉を鍛えます。

ある程度できるようになったら、タックプランシェの練習に移行します。

プランシェの難易度について

プランシェですが自重系の技の中ではかなり難易度が高いです。

ですのでその分習得までかなり時間がかかります。

プランシェができるようになるまでどれくらいかかる?

もし出来るように慣ればかなりの自慢になると思います(笑)

スポンサーリンク
おすすめの記事