片手懸垂が見事にできなくなってしまったマサキチです・・

もう一度あのころに戻りたく日々懸垂マシーンで鍛えていますが、なかなか進歩せず。

腕を曲げた状態からなら引き上げれるのですが、フルレンジとなるとやはりきつい・・

いまさらながらやはり片手懸垂はかなりの難易度のようです。

体重も全盛期より増えてしまって、さらに難易度が上がってしまいました。

軽くダイエットから始めた方がよさそうです。

というわけで今日は片手懸垂についてです。

スポンサーリンク

片手懸垂の難易度

いったい日本に片手懸垂ができる人は何人いるんでしょうか?

一度できることなら統計を取ってみたいです。

片手懸垂はかなり特殊な種目ですよね。

普段ジムで鍛えているからといってそうそうできるものでもありません。

通常の重りを使ったバーベルやダンベルを使った種目ならムキムキな人ほど、高重量を扱えるようになります。

ですがそういった人たちに片手懸垂をやらせても絶対にできません。

腕一本で全体重を引き上げるのですから、やはり体重が重いと不利なんです。

片手懸垂にチャレンジしている動画をチェックしてみても体型が細身の人が多いです。

異次元のすごさ!荷重懸垂

そんななかこの方は本物です。すごすぎます。

15キロの重りを身に着け片手懸垂です。

普通の方ならば15キロの加重懸垂でも大変でしょう。

というよりも15キロの重りをもって鉄棒にぶら下がるだけでもきついですよね。

それを片手で行うのですから、もう異次元のすごさです。

ここまでできたらもう言うことなしですね。

スポンサーリンク
おすすめの記事